サークルクラッシャー個体は、「容姿に自信がない故にせめて明るく朗らかで気遣いのできる人でありたい」という「コンプレックスをばねにプラスに変えよう」というタイプ(天然系)と、「容姿に自信がないけど美人と同じようにチヤホヤされたい」ために「男ウケを考えて自己演出をする」タイプ(小悪魔系)の二系統に分類できる。前者と後者は、多くの場合同性の友人の多寡によって判断できるが、どっちの場合でも結果的にサークルはクラッシュするのでたいした違いはない